キタサンブラック引退を発表 北島三郎さんと歴代愛馬たち

歌手北島三郎さんの所有馬でGI・5勝を挙げている キタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡5歳)が、 今年限りで引退することが10月20日、発表された。

残りの出走予定最終レースはどうなるのか?

載せていますので、チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

残りの出走予定と最終レースは?

出典;浅次郎.comさん

秋は予定通りGIの3レース、

天皇賞・秋(29日、東京、芝2000メートル)

ジャパンC(11月26日、東京、芝2400メートル)

有馬記念(12月24日、中山、芝2500メートル)

に臨み、有馬記念を持って引退となるそうです。

北島三郎さんと調教師のコメントがこちら

清水久詞調教師「オーナーと協議した結果、年内の天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念 の3走をもって引退することになりました。 ファンが多い馬で惜しまれる声もあるかもしれませんが、元気なうちに次の大きな仕事をして、 社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることとなります。 これまでたくさんのご声援、ありがとうございます。 残り3戦に悔いのない仕上げで臨み、キタサンブラックの元気な姿をファンの皆さまにお見せしたいと思います」

北島三郎「今まで、怪我もせずよく頑張ってくれた、本当にたくましい彼です。 まだまだ走ってくれると思いますが、引き際の美学を大切にしたい。 花を咲かせたまま、今年いっぱいで引退と決めました。 応援してくれたファンの皆様と同じく私もさびしいが、終わりは始まり。彼の新しい道を応援して頂きたい。 残されたレースを皆様と一緒に楽しみたいと思います」

とコメントされている。

強いキタサンブラックのここまでの戦績は?

出典;競馬TIMESさん

戦績 17戦10勝G15勝) 

獲得賞金 13億4413万9000円歴代5位

残り3戦で、どこまで記録を伸ばすことができるか? 楽しみですね。

スポンサーリンク

馬主北島三郎と歴代愛馬たち

馬主北島三郎はいつからなのか?

北島三郎さんが馬主をされていることを、競馬好きの方や歌手・北島三郎さんのファンの方以外では、キタサンブラックが活躍するようになって初めて知った方が多いのではないでしょうか? 私もそうです。

でも北島三郎さんは、もう50年も馬主をされているとか。

初代愛馬リュウとの物語

歴代1位、紅白歌合戦出場50回を数える北島さんがサラブレッドのオーナーとなったのは53年前(1963年)。

初めて持った馬との間には、涙の物語があったという。

息子と同じ名前をつけた、最初の愛馬。

北海道出身の北島さんの実家には農耕馬がおり、北島さん自身元々馬が好きだった。

デビュー当時所属した事務所の社長が馬好きで、馬主だった縁もあり、最初の馬を持つことになった。

最初の馬にはリュウと名づけました。息子と同じ名前です。 これが中山の芝1200mでデビューして、新馬勝ちしてくれてね。 この時の感動は今でも忘れることはできません。 歌の世界に例えると、ミリオンヒットを飛ばした時みたいな気分だったなあ

リュウは、その後も新潟の飯豊特別を勝つなど活躍した。

でも、どんないい馬でも別れの時は必ず来る。そうすると息子の名前を付けた馬と別れるのがつらくてねえ。 それで馬に身内の名前をつけるのはやめようと思ったんです

初代愛馬のリュウと感動の再会

愛馬との“再会”は引退から5年後だった。

「もうたまらなくて、バーっと涙が出て……」

ある日、桂小金治さんの番組(『それは秘密です!!』)のご対面のコーナーに呼ばれまして。 その番組で『北島さんのご対面はこちらです』と真っ黒な幕がバーっと落ちたんですね。 そしたら人ではなく、そこには馬がいたんですよ! 現役の時と同じくギラギラした大きな目で、私にはすぐに『リュウだ!』とわかりました。 リュウがポコポコ歩いて私の方に来た時は、もうたまらなくて、バーッと涙が出て。 『久しぶりだったな、元気だったか』と声をかけているうちに『それでは歌ってください』と 『函館の女』の音がかかったんです。あの時ばかりは、泣きながら『函館の女』を歌っちゃいました(笑)

“キタサン”の冠名は北島氏の父の言葉から

北島さんが今まで持った馬は500頭以上。愛馬たちとのエピソードを語る口調は温かい。

北島さん所有の馬といえば「キタサン」の冠名で知られる。

“キタサン”誕生の裏には北島さんの父の言葉があったという。

リュウが引退した後は、いろんな名前を付けたんです。

あるときうちの親父に『今日、うちの馬が勝ったよ』と伝えたら、

『勝ったと言っても馬名がわからねえから、わかるようにしてくれ』と言われましてね。

それで北島三郎の『北』と『三』をとって『キタサン』とするようになったんです

走る馬も走らない馬もいたが、やめようと思ったことは一度もなかったそうです。

主な活躍馬は?

1995年、キタサンサイレンスが桜花賞に出走し、所有馬が初めてG1に参戦。

2001年にはキタサンチャンネルがニュージーランドT(GII)に優勝し、重賞初制覇

さらに同馬で、競馬の祭典「日本ダービー」にも出走した。

そして昨年、ついにキタサンブラックで菊花賞を制覇

念願のGI制覇を果たしたのである。

キタサンブラックは今年で引退となるが、 その子たちが数年後には活躍してくれるんでしょうね。 また北島三郎さんの馬主生活もこれからも続いていくことでしょう。 キタサンブラックに次ぐ名馬の誕生が今から楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする